WS000001

 

謎の剣士テリーについて考察や噂をまとめました。

最近では、ドラクエヒーローズシリーズにも登場し、ドラクエキャラの中でも人気の高いキャラですね。

初登場はドラクエ6ですね。その後リメイク作品の「テリーのワンダーランド」では主役も務めました。

ここでの説などはネット上での噂など非公式なものです。

あくまでも都市伝説的なネタのまとめですm(__)m

ドラクエ6の世界におけるテリー

WS000003

 

ドラクエ6の世界では「現実の世界」と「夢の世界」があります。

現実世界では「最強の剣士」として「青い閃光」という通り名があります。

 

アークボルトの兵士たちをフルボッコにした強敵「ドランゴ(バルトレックス)」を瞬殺し、アークボルトの秘宝「雷鳴の剣」をあっさり手に入れました。

 

その後、テリーはさらなる力を求めデュランに敗北し、暗黒面に落ちます。

デュランとの勝負に敗れ、主人公らとの勝負にも敗れ、主人公らの仲間となります。

その後は主人公らと一緒に大魔王「デスタムーア」討伐を目標とし一緒に冒険します。

ここまでが最強剣士テリーのドラクエ6における活躍の流れです。

スポンサーリンク

テリー対ドランゴの八百長疑惑

WS000004

 

ストーリー上では、テリーはかなり強いキャラとして登場します。

ストーリー途中でその強さを強調するエピソードが対ドランゴ戦ですね。

 

ドランゴは、アークボルトの兵士たちが手も足も出なかった強敵です。

アークボルトの兵士の実力も、主人公らは対戦するので実感できます。

ここの時点でのテリーの印象は、まさに「最強」そのものですね!

 

が、、、

 

実はこの「ドランゴ」ですが、

テリーが仲間になった後にアークボルトの牢屋へ行くと

「強者にはついて行くぜ!」的なノリで仲間になるんですよね。

 

最終的に『テリーもドランゴも仲間になる』わけです。

問題なのは・・・

そのときのステータスが明らかにドランゴのほうが上!

 

ここである疑問が生じます・・。

 

八百長じゃね!?(カタヤオ?)

 

【八百長の疑いがある点】
・死体を棺桶に入れて持って行く約束は無視されてる
・子供(たまご)を破壊されブチキレているのに仲間になるのは不自然
・仲間になったときのステータスで明らかにドランゴのほうが強い
・実際に闘うときの技の交わし方とかが上手すぎてやらせくさい

 

そー考えると、

テリーがアークボルトの「ブラスト兵士長」に勝てたのも怪しい。

 

テリーがラスボス!?ダークドレアム説

WS000005

 

これは昔からあるベターな説なのですが・・

『テリー自身がダークドレアムではないか』という説ですね。

 

ドラクエ6には「夢の世界」と「現実の世界」がありますね。

つまり『ダークドレアムはテリーの夢の世界の姿』という説になります。

 

夢の世界のテリーは幼少期より魔物マスターを目指しており、

見事魔物マスターになります。(テリーのワンダーランド編)

その後さらなる力を求めて、手に入れた力こそがダークドレアムの姿だという事。

 

ダークドレアムの力を恐れた「大魔王デスタムーア」が

ダークドレアムの力を封印し、それでも余す力を「デュラン」として自らの配下にしたのです。

 

 

そー考えると、

テリーとデュランの因縁や、

ダークドレアムとデュランの姿が似ている理由、

デスタムーアがダークドレアムに瞬殺された経緯などが繋がります。

 

が、

 

ダークドレアムを倒した後のおまけ要素で

『大魔王デスタムーアをダークドレアムが瞬殺してくれる』

というイベントが見れます。

 

そのときの会話でデスタムーアは

ダークドレアムと初対面感をすげー出してます。

もし、自らの手で封印してる過去があれば

「ヤバッ!マジっすか!」的なリアクションはあるはず。

 

その他にも「グレイス城」の王が

遥か昔にデスタムーアを倒すために

ダークドレアムを召喚し、フルボッコにされる演出がありますね。

これだとテリーの年齢に矛盾が出ます。

『テリー=ダークドレアム説』は多くの憶測を産んでます。

 

エンディングの「テリーVSダークドレアム」について

WS000007

 

エンディングでテリーがダークドレアムに挑む姿は

いわば「夢の世界のテリー」VS「現実世界のテリー」という事。

ドラクエ6では、夢の世界と現実世界の自分が出会うと合体します。

この戦いに敗れたテリーは合体(夢の世界のテリーと)します。

2人が合体した姿こそがエスタークではないか?という説です。

 

ダークドレアムがさらにエスタークとなる説

WS000006

『テリー⇒ダークドレアム⇒エスターク』と進化します。

この説の理由としては・・

・エスタークが剣を仕様
・テリーのワンダーランドにて大人テリーの発言
・不死身というエスタークの存在
・ダークドレアムは「グランドクロス」を使う

 

エスタークの見た目

『最強剣士』を目指したテリーが魔王になった姿。

とも見えないこともないような・・。

 

テリーのワンダーランドにて

大人テリーが子供テリーに

「お前は俺のようになるなよ。」

などと、後に暗黒面に落ちるフラグがあります。

 

不死身の魔王エスターク

エスタークは魔王の中でも異質な存在のようで

死ぬ事はありません。現に長い期間眠りまくって

時系列的に遥か未来になる天空シリーズでも2度登場してます。

死なない不死身さ、まさにテリーが求めたソレ・・ww

 

グランドクロスとは神聖なる特技

ダークドレアムは「グランドクロス」を使います。

コレって不思議ですね。神聖なものしか使えないとされる

グランドクロスを悪の化身というダークドレアムが使えるなんて・・

「元々は人間だったんじゃね?」と、繋がるようです。

 

テリーのワンダーランドの世界観について

teri

 

ドラクエ6のスピン作品にして

後の「モンスターズシリーズ」の火付け役ともなった作品。

 

結論から言って・・

『テリーのワンダーランドは、ドラクエ6の世界とは別世界』

と、考えるのが普通でしょう。

 

ストーリー的な繋がりもいっさいありませんし、

ドラクエ6のテリーの幼少期を描いたものではありません。

 

テリーもですが、ミレーユも登場しますし

そもそも魔物マスターになったテリーが剣士を目指すのも

イマイチ謎ですよね^^;

 

しいて言うなら、

ドラクエ6には「夢の世界」と「現実世界」があります。

テリーのワンダーランドもドラクエ6の夢の世界の一部なのかもしれませんね。

わたぼうも「これが仮に夢だったとしてもテリーは頑張っているね!」

とか、意味深な発言もしています。

 

結論テリーって・・

【実際のテリーの流れ】

最強剣士を目指し旅へ出る

↓↓↓

アークボルトで兵士長ブラスト倒す

↓↓↓

勢いのままドランゴ倒す

↓↓↓

その勢いでデュランに挑も返り討ち

↓↓↓

デュランの手下に成り下がり主人公らとバトル

↓↓↓

主人公らにも敗北

↓↓↓

さらなる強さを求め主人公らの仲間に

↓↓↓

疎遠になっていた実の姉ミレーユとも和解

↓↓↓

デスタムーア討伐後、最強のダークドレアムへ挑む

↓↓↓

その後は不明・・。

 

ここで紹介してる説はすべて噂です。

非公式なもなので実際の設定等とはいっさい関係ありません。

---スポンサーリンク---